Blog

持論デスが

様々な分野に『初心者向け』『入門編』と謳ったコンテンツが存在しますが

学問的な事でなぃ限り 必ずそこぉ経由する必要ゎ無ぃと思ってぃます

「本物」とゆぅ言葉ぉ用ぃますと

まるで「ニセモノ」がぁるかのよぅに捉ぇられかねませんのでここでゎ使ぃません

 

 


不変


那辺に有りや

 


本縄


恩人でぁる穀屋平兵衛ぉ殺し その罪ぉ杉戸屋富右衛門に着せる畔倉重四郎

読み物の中で『高手小手』との名称ゎかなり頻繁に出てくるのデスが

本縄の名称含め詳細ゎほとんどみられません

 

 


石抱き


ご存知『畔倉重四郎』

物語の後半 十露盤責めが登場する

当時載せられた伊豆石一枚の重さゎ50㎏近く

蓮が載せられるのゎセイゼイ15㎏ほどデスのでその苦しみゎ如何許りかと

 

 

 


刺激


唯々肉体ぉ痛めつけるだけ

セオリーも何もぉ構ぃなしにギチギチの縄ぉ施され

冷たぃ床に置かれたまでゎ覚ぇてぃました

 

縄ぉ解かれ しばらくしてぼんやり覚醒し始めた時

父の折檻ぉ受けながら

硬ぃ床に何度も何度も自分で頭ぉ打ちつけてぃたと聞かされました

 

「刺激が足りんかったんかな。。。」

 


静寂が耳につき始めると


狂気ゎ静かなる時にこそ存在する

画像から悲鳴が聞こぇるよぅに

 

 

 


其傍

蓮にとってSMとゎ

色んな意味で生き辛くなったり 苦しさ何かぉ紛らゎすためのものでゎなぃから

かとぃって楽しくするものでもなくて 

だからこそ 唯々足元に居たぃだけと想ぅ日もぁる

 

 


北斎の吊るし責め


古ぃ『異端文藝』記事中「北斎が描いた」とぁったこちらの挿絵デスが

本当に北斎が描ぃたものなのか…

ソースとして確実に信頼出来る出処ぉ探す事から蓮ゎ始めたのでした

紆余曲折有り

辿り着き実際見せて頂ぃたのゎ

原本(黄表紙)が忠実に復元されたもので

許可ぉ頂きそのコピーも手元にぁります

 


海老責め

『海老責め』にも 何度か遭ゎされた事がぁります

時間が経つ毎にどんどん苦しさが増してゆくとゆぅ厳しぃもので

そして一番恐ろしぃのゎ 転がされる事デス

 

 


釣責め


この縛りぉ何故余り見なぃかと申しますと

この吊り責めに遭ぅ者ゎ地獄の苦しみぉ味ゎぃますが

それぉ目撃する人達にゎ全くと言ってぃぃほど伝ゎらなぃからに

違ぃぁりません

 

 

吊り責め